012316

出会い系サイト攻略

012316
素敵な恋愛がしたい、誰でも良いから相手が欲しいなどの目的で出会い系サイトを利用すると思いますが、イククルならこちら無料のサイトであれば良いですが有料の出会い系サイトを利用する場合には「結果を出す事」が必要になります。決して高額の費用が必要になるという事ではありませんが、少なからずお金をかけて行う事ですからいくらでも上手に活用できた方が良いのは間違いありません。そこで、出会い系サイトを上手に活用するうえでのコツをいくつか紹介したいと思います。

まず、出会い系サイト利用における「結果」とは、『実際に出会えること』に他なりません。つまり、恋愛のパートナーであれセックスのパートナーであれ、目的の相手を射止めることこそが大切です。そこで大切なことは「自分のプロフィール」と「アプローチの内容」です。

例えば、現実社会において「モテる人」と「モテない人」の違いにどのようなものがあるのかを理解できれば、出会い系サイト上でも有効なアプローチが出来るようになります。そもそも、誰かと親しくなるという事の前提には「興味を持つ・持ってもらう」という事が必須です。その為の第一段階として「プロフィールの内容」が重要になってくる訳です。ただ単に、「私は〇〇です。ゲームが好きです。誰か相手になってください。」とか「欲求不満なので誰かセックスしませんか?」と言うような内容に対して、『この人どんな人だろう』という印象を抱く訳が無いのです。取り立てて美人だとかイケメンだという場合にはそれでも多少の当たりはあるかもしれませんが、その様な容姿の方であっても「様々なアプローチ」を駆使して相手を探しています。その為にはなるべく具体的な内容を紹介することが必要です。ただし、その内容が嘘であってはいけません。多少脚色するくらいは良いですが、全く架空の人物になりきるのは逆効果になってしまいます。

特に、男性からアプローチする場合には正攻法を駆使しつつ『意外性』を演出する必要があります。出会い系サイトを利用している女性に対しては非常に多くのメールが届いているという事実を理解し、「お、ちょっと他の人と違うぞ」という印象を与えなければ相手にされるはずがないという事です。しかし、だからと言って特殊な趣味や特技がある必要はありません。ただ単に、「しっかりとした挨拶が出来る」とか「話題の引き出しが多い」と言ったことで良いのです。引き出しは現状ネットサーフィンなどでいくらでも広げることが出来ます。つまり、『誰でも実践可能だ』という事です。

012315

人間回転寿司

012315
これらは私の実体験のお見合いパーティのお話です。

私が23歳の頃、正直に言うと私はお付き合いをしたことがありません。
この年齢でそれはヤバいと感じて、お見合いパーティに参加する決意を持ちました。
でもネットでお見合いパーティを検索をするとちょっと敷居が高いものが多く、
また私はオタクでした。
いわゆるリア充系のお見合いパーティなんて無理無理と思ってました。
でも今は本当になんでもある時代なんですね。
あったんですよ、オタク同志のお見合いパーティが!!
それも女性は参加料金が1000円!ネットで申し込むと半額!500円です!
こんな格安危ないんじゃって思いましたが、ドケチな私はそんなことは一切考えずに申し込みました。
また丁度友達もそういったパーティに興味を持っていたので2人できゃっきゃしながら参加しました。

オタクというのでちょっと不細工な人が多いんじゃないかと思いましたが、外見に関しては全然普通の人ばかりでした。オタクですけど。
色々パーティ開始までに周りを見てると女子も割と普通の子が多くて、正直中の上の顔の私は「このお見合い、勝った!!」と思いました。

で、肝心のパーティがついに始まりました。まず驚いたのはその人数の多さです!
男女共に20名ずつ。
ネットでもその数字は掲載されてましたが、実際にはその倍はいるんじゃないかと感じさせる密度!
(*実際はそんなことなく本当に男女20名ずつです)
簡易的な机と椅子に座ってどうやるんだろうと思ったら、
10分置きに男性が回転寿司場に席をまわって全員とお話するという形式でした。
10分?!そんなので相手がわかるの!?私誰ともお付き合いしたことないのに!
って思ったのですが、意外や意外。最初の人が好感度の高い明るく饒舌な人でほっと一息。
だと思いましたか?ところがどっこい。10分はとてつもなく短い。
まわるまわる人間回転寿司。代わる代わる10分置きの男性。
中には好感度の高い男性もいれば、プロフィールを見てもよく分からないジャンルのオタクがいたりで大変でした。
もう兎に角大変大変。全部まわったところで息切れしそうな位にくたびれました。正直もう帰りたい気持ちでいっぱいな位疲れました。
その後も人間回転寿司は行なわれましたが、その時は自分が好感を持てた人のみだったので人数は少ないです。因に私は結構お相手しました♥
で、最終的には上手い具合にカップル成立しちゃいました。
残念な事にお互いの仕事が忙しくってタイミングがあわないことで手を繋ぐ事もなくお別れしてしまいました。
でもまたやる気と機会があれば参加したいですね。

012315

最近の出会い系業界

012315
最近の出会い系は、サクラが少なくなりました。
出会い系というと、騙される、お金を取られる、サクラばかりといったイメージを持っている人も多いのですが、サクラが多いと利用客が寄り付かないために、最近ではサクラがいない、とサクラがいない事を前面的にプッシュしている出会い系も多くなりました。
サクラがいないために安心、サクラの代わりに女性客が増えました。
女性は無料で出会い系を利用できる、女性は出会い系を利用するとお金が貰える場合もある、と女性にとっての利点が増えたために出会い系はサクラを置いておく必要が無くなったのです。
生身の女性が男性とメールのやり取りを行ってくれるのですから、サクラを雇って男性にメールを送らせる必要が無いのです。
今ではメール相手がサクラではないか、と疑心暗鬼になる必要が無いのです。
出会い系で出会える相手は、軽い、年配、写真があまり可愛くない、といった女性ばかりでしたが今では普通の女性も出会い系に登録する時代、可愛い子とも出会える確率が高くなりました。
ただし、顔写真が可愛かったからといって実物も可愛いとは限りません。
詐欺写真ではないか、他人の写真の転載ではないか、と確認をしておくと安心ですね。
騙されてしまった時を考え、お金は使わない、お金や個人情報を要求されても応じない、待ち合わせ場所は近所にする、と気をつけると心配がいりません。
出会い系が廃れないのは、出会える事もあるからです。
全く出会えないとなれば、既に廃れている業界。
色々なトラブルがありながらも出会い系が存続しているのは、たまに可愛い子や綺麗な子、成熟した人妻などと出会える事があるためです。
出会い系は、素人を見極めることが大切。
素人登録者を掴んだら、今度は機嫌を損ねないようにしましょう。
体の関係を早急に求めてしまうと、相手は去ってしまいます。
ゆっくりと確実に狙うと、出会えますよ。
男性との関係を求めて出会い系を利用する女性もいるのです。

012314

これまで実に多くの男性の方と

012314
出会い系サイトを通じて会わせて頂いたのですが、それはそれは皆さん職業が多岐に渡りました。出会い系サイトを利用しなくても十分出会いがあるんじゃないですか、と思えるほど素敵な方も大勢いらっしゃいました。しかし、そういった方々にはそういった方なりの、出会い系サイトを利用して異性と出会わざるを得ない理由があるようでした。その中の一つをお話しさせて頂きます。

私が出会い系サイトを通じて知り合ったその男性の方は、デリバリーヘルスのお店を経営している方でした。その方は性交渉目的で私と会ったようなのですが、私の方が「私のような者と会うのにあなたの貴重な時間をさいて頂いて申し訳ありません」と恐縮してしまうくらい大変素敵な方でした。私が「なぜ小川さん(相手の男性)はそれだけ素敵な方なのに、出会い系サイトを利用されているのですか」と尋ねました。すると彼は「こういう仕事をしていると、女の子が全部商売道具に見えてきて、どうしても多くのお金を稼がなきゃいけない理由が女の子それぞれにあって、そういう事を考えると、目の前にいる女の子を抱けなくなるんだよ。出会い系サイトなら、自分と縁もゆかりもない女の子と出会えるし、僕だってたまには普通の女の子と会って話してみたりしたいんだよ」と言うのでした。彼はデリバリーヘルスという仕事上、夜働いていることが多い為、彼と会っている時間は、事が済むとずっと寝ているといった感じでした。そして、彼の仕事が忙しくなるであろう夕方前にさよならをする、という流れでした。

出会い系サイトというのは、自分が一生生きていても一生関係を持つことはないであろう男性の方とも出会えてしまうパンドラの箱です。様々な危険と隣り合わせとは思いますが、頻繁に連絡を取り合い、この方となら、と思える男性とであればそれほど危険な目にはあいません。だって、出会い系で会った男性が皆、女性を悲しませようと思って女性と会っていると思いますか?そうではないですよね。そういう事です。自己責任で楽しめる出会い系サイトは、時代が作り出した最高の娯楽です。

012313

私はかつて出会い系サイトの利用に

かなりはまってしまった時期があるのですが、その時期の月の携帯電話料金3万円を超え、自分でもびっくりしてしまった記憶があります。ちょうどその頃仕事もそれほど忙しくなく、平日ではありましたが休みもちゃんと取れていたので、平日休みの方で一緒にご飯などを食べに行ける人がいればいいな、くらいの軽い気持ちで、出会い系サイトを通じて知り合った男性の方々とのメールのやりとりを楽しんでいました。

実際にあう運びとなり私がびっくりしたのは、相手の方も休日を利用して私と会ってくれているというわけではなく、皆さん仕事の合間に私と会う時間を作って下さっている方が多いというのに驚きました。ですから相手の方の職種は営業さんが多かった様に思います。丁度お昼を食べなくてはいけないくらいの時間に私の最寄りの駅に迎えに来て頂き、そのへんのファミレスでランチなどをご一緒し、じゃあこの後もお仕事頑張って下さいね、といった流れが多かった様に思います。つまり、決して性交渉目的だけで出会い系サイトを利用しているわけではないという事です。私自身も、性交渉目的で相手の男性方と会っていた訳ではないので気楽でした。男性の方もお昼休みに女の子と喋って食事して、まあそれなりに楽しい時間を共有出来るので、需要と供給が一致していると言えるのではないでしょうか。しかしどうしても世間一般の出会い系サイトに対するイメージは良くないようなので、もっと多くの方が気軽に出会い系サイトを利用する様になれば、世間一般の出会い系サイトに対するイメージも変わって来るんじゃないかなと私は思っています。

様々な利用の仕方がある出会い系サイト、よくないイメージを持っている方にこそ是非利用して欲しいものです。男女の出会いがないと叫ばれている方こそ、出会い系サイトは効率的に異性と出会えるツールだと思います。一人でも多くの方が出会い系サイトでいい時間を相手の方と共有出来ます様に。

012313

出会い系サイトで三人の男性とやりとりをしたけれど……

012313
私は20代の女性です。勤務先の人はあくまで仕事関係の人だと割り切っているし、社内恋愛はしたくないと思っていました。それどころか異性に興味すらあまりなかったんです。
だけど一方で恋愛にも興味があった私は、何を思ったか出会い系サイトを利用することにしました。はじめから恋愛を前提に考えていたというよりは、男性と知り合おう、友だちになろうという気持ちのほうが強かったです。
出会い系サイトに登録し、アプリもDLした私が最初に困ったことはプロフィールです。登録している人を見ると皆顔写真を載せていて、自分も載せなくてはいけないのかと不安でいっぱいでした。しかしそうしないと出会いもないかもしれない、そう思った私は次のような写真を載せることにしました。
スマホで撮影した顔写真をモノクロに加工し、さらに口元をスタンプで隠したんです。これで目もとは見えるけれど鼻より下が見えない写真になりました。簡単な加工をしている写真はあったので、これぐらいなら許されるだろうと思いつつドキドキでした。
そしてプロフィールに関しては住んでいる地域と職業、簡単な趣味を記載することにしました。趣味は読書やカラオケなど無難なものを選びました。
その後何人かの男性からコンタクトがあり、チャットのやりとりが始まりました。そこで自分は自らのコミュニケーション力の低さを思い知りましたね。相手のコメントにどう返していいかわかりませんでした。
もともとメールが苦手なタイプではありましたが、こういうサイトは文字でのやりとりに抵抗がない人でないと続かないと感じました。自分が直接顔を見て、表情や声の調子を感じながらコミュニケーションをとりたい人間なので、どうも相手の真意がわからず不安だったんです。
しかし直接会うことに抵抗もあった私は、結局サイトの登録を解除して利用をやめてしまいました。
出会い系サイトは文字だけのコミュニケーションに違和感を覚えず、また直接会う勇気がある人間には向いていると思います。しかし自分みたいに文字のやりとりが苦手で、文字だけでは相手がどんな人か判断するのが難しい人間には向かないのかなと感じました。

012312

出会い系サイトのすばらしさ

012312
私が出会い系サイトに出会ったのは今から10年ほど前の大学生の時でした。出会い系サイトお利用した衝撃を今でも覚えています。「こんなにも手軽に出会える事ができるのか!?」「風俗とかいらなんじゃないか!?」と思いました。大学生の頃は高校を卒業したすぐの女性を狙い撃ちしており、特に大学や専門学校生で地方から上京して一人暮らしをしている女性を獲物としていました。

やはり地方から出てきて一人暮らしとなるとさびしくなるせいかヒット率も高く、自分の一人暮らしのアパートに連れ込んだり、相手のアパートへ行ったりと自由気ままに出会えていました。その辺の年頃の女性がひと段落すると次に出会っていたのは人妻です。人妻は性生活にマンネリ化している人も多く、大学生と言うと「若いから元気あるでしょ?」とすぐに食いついてきます。一番のヒットは丁度出会い系サイトを利用している時に自分のうちと1キロほどの所に住んでいる人妻が引っかかりました。落とすのは非常に簡単ですぐに会おうとなったのですが、初めてあったのは相手の家でした。外で会って見られるとやばいという理由からだったのですが、出会い系サイトで出会った女性との待ち合わせで自宅のインターホンを鳴らすとは思いませんでした。家で会うのでもちろん家族写真なども飾ってありましたが、相手は「気にしないでね」と軽い感じでした。それからは旦那さんや子供がいなくなると彼女の家へ向かい、食事をしたり、いちゃいちゃしたりと楽しんでしまいました。ただ、それが旦那さんにばれてしまい結局終わりとなってしまいました。

自分が社会人になると無料系の出会い系サイトはサクラが多くなってしまい、有料系の出会い系サイトへ移行していきます。無料だとサクラの数はほとんどなのですが、やはり有料系だと安心してやり取りができます(それでもサクラはいるのですが、、、)。今でも有料系の出会い系サイトを利用していますが、平均で月に1人は出会えています。

012311

出会い系サイトで、、、

012311
話にはよく聞きますが、まさか自分が出会い系サイトを利用するとは夢にも思っていませんでした。
もう、夫とは年に1度も関係もなくなり、夫婦というより、同居人でした。
体に触れる事もなくなり、完全に女としての扱いはなくなってしまいました。
先に、彼氏が出来たのは、友達でした。
彼女も、夫婦間の悩みから、出会い系サイトで、話し相手というか、愚痴を聞いてくれる人を探していたのですが、いつの間にか会うようになり、彼氏になったと言います。
私も、やってみたらいい、と、勧められました。
しかし、年齢も若くはありませんし、そのようなサイトに登録をして、びっくりするような料金の請求が来たら、などと、いろいろ心配して、決心が着きませんでした。
ある日、思いきって利用してみました。
すぐに、一人の男性と仲良くなる事が出来ました。
いろいろ愚痴を聞いてもらえないかな、と思っていたのですが、何かむこうも愚痴って来て、私が聞き役みたいになり、何かつまらないな、と内心思っていたら、
「ずっと、俺の話を聞いてくれるあなたは、すごく優しい人だ。よかったら、会えませんか。1度顔を見て話したい」
と、言われました。ああ、こうやって誘うのか、と思いました。
好奇心が先に立ち、彼と会ってみる事にしました。
彼は普通の、どこにでもいそうな、いかにも営業マンという感じの人でした。
聞いてみれば、既婚者で子供もいるようです。まあ、後腐れはなさそうだ、と、思いました。
久しぶりにデートしました。
何か、若い頃に戻ったような気分です。
もうこんな気持ちになる事もないのだと、さみしく感じていましたが、本当に久しぶりに、女として扱ってもらった感じがします。手を繋いで来た時、すごくドキドキしました。
メールで話す時と、実際会ってみるのとでは、全然感じもちがいました。
そして、会う前と、会ってからも、メールの内容が全然違っています。
完全に、彼女扱いです。
でもそれが、嫌じゃないんです。
久しぶりに若い頃のドキドキ、を、思い出しました。

011714.jpg

出会い系サイトで出会った女性と3月ぶりのエッチ!

011714.jpg
週末、彼女いない私は、何も予定がないので、家のパソコンで出会い系サイトを見ていたら、私宛にメールが来ているのを発見!

メールを開いてみると『久しぶり!今日暇?』と書いてありました。

彼女とは、税理士の試験日が近いので、そのエッチをしたのを最後に、会っていなかったのですが、試験が終わったので、会いたいということだったのです。

多分、彼女とは、無理だろうなと思っていたので、とても嬉しかったです。

早速、会う日を決め、当日、エッチすることに。

ラブホテルに行き、部屋に入ると、キスをしてきた彼女。

『3月間エッチしていなかったから、今日は、沢山するからね。』と言ってきた彼女。

私も、彼女としたくてたまらなかったので、頑張ろう!と思いました。

キスをした私たちは、シャワーを浴びた後、ベッドに入り、エッチを始めました。

久しぶりに見た彼女は、髪をロングからショートにしたので、雰囲気が全然違って見えて、とても興奮しました。

特に、フェラをする時、ショートなので、フェラをしている姿が丸見えなのです。

その姿に興奮しまくる私に気付いたのか彼女『あんまり、見ないで。』と言ってきました。

そのしぐさがとても可愛くて、フェラをしているのに、無理やりキスをしてしまうほどでした。

69となり、彼女のお〇んこを舐めました。

彼女のお〇んこを夢にまで見ていた私は、目の前に彼女のお○んこがあることにとても興奮して、しゃぶりつくように舐めまくりました。

すると、彼女から『あ~、いい、キモチイイ!』との声が聞こえ、感じている様子。

さらに、クリトリスを触りながら舐め続けていると『もう、ダメ、いっちゃう、いく~。』といってしまったのです。

そして、彼女がオーガムスの余韻に浸っているときに、インサートすることにし、彼女のお〇んこに私のお〇んぽを入れると『アアアア、ダメ、イイ!』とのけぞるようにして、感じる彼女。

さらに、腰を動かしていると、『また、いっちゃいそう、いい?いってもいい?』と聞いてきたので、『いいよ。』と答えると『私ばかりいって、ごめんね。いくよ。いく~。』と言って、オーガムスに達したのです。

その後、騎乗位、バックをして、感じまくった彼女は、フラフラ状態でした。

最後、正常位で、入れると『もう、ダメ、キモチイイ!』と言って、3回目のオーガムスに達した後、私も彼女の胸に精液を出しました。

終わった後、『とても、気持ち良かった。』と言ってくれた彼女とは、合格発表までは、彼女は、何も手につかない状態なので、エッチをしたいとのことで、週2、3回エッチをすることになりました。

彼女が持参したバックには、お菓子等の食料が沢山入っていました。

もちろん、部屋は、休憩ではなく、1泊予定です。

011713.jpg

出会い系で知り合ったセフレと裸エプロンエッチしました。

011713.jpg
昨日、出会い系サイトで知り合り、セフレの関係となった25歳のA子さんの家に遊びに行きました。

彼女とは、セフレとなって1年で、その間、何度もお互いの家を行き来する間柄となっているので、いつも通りに彼女のチャイムを鳴らして、玄関のドアを開ける彼女を待っていたら、彼女、ナント、裸エプロンの格好をしていたのです。

以前、私が裸エプロンをして欲しいと言ったのを覚えていたみたいで、ピンクのエプロンの下は、何も着ていませんでした。

そして、今、ちょうどカレーを作っているので、出来るまで待ってほしいと言われ、ソファで待っていることにしました。

お尻が丸見えの状態で、料理を作っている彼女を見ていると、興奮してきた私は、服を脱ぎ、全裸になって、彼女の後ろに立ったのです。

私の気配を感じた彼女が振り向くと私が全裸になっていたので、少し驚いた後、『もう少し、待ってね。エッチは、カレーを
食べた後でね。』と言われましたが、我慢できなくなった私は、立ちバックの体勢で、入れてしまったのです。

『もう、ダメじゃない。まだって言ったのに。』と言っていたのが、徐々に『あん、ああん。』の喘ぎ声に変わる彼女。

『ほんとに、もう、エッチ好きなんだから。』と言って、火を消して、ベッドへ。

ベッドに入ると、一旦お〇んぽを抜いて、彼女のお○んこを舐めることにしました。

今まで私のお〇んぽが入っていた彼女のお〇んこは、愛液が一杯出ていたので、それを舐めると『あ~、そんなことしないで。
あああ!気持いいから~。』と言って感じる彼女。

そして、彼女は、自ら動いて、69の体勢にし、フェラを始めました。

彼女の愛液がたっぷりついている私のお○んぽを『グチュチュ』と音を立てて、舐めてくれる彼女。

とても、気持ち良かったですが、このままではヤバイと思った私は、騎乗位の体勢で入れることに。

裸エプロン姿の彼女を見ながらの騎乗位は、最高でした。

特に、私が下から突く度に、おっぱいがエプロンから見え隠れするところが、たまりませんでした。

そして、我慢できなくなった私は、正常位で、出すことにしたのですが、本当はザーメンは、彼女の顔に出すところが、エプロンに出してしまったのです。

彼女、怒るかなと思いましたが、『洗濯するから大丈夫。』と言ってくれました。

その後、カレーは、全裸で食べることにしました。

彼女のおっぱいを見ながらカレーを食べるのもいいなと思いました。

カレーを食べた後は、二回戦をしました。

もちろん、全裸でしました。