011712.jpg

ネットでの出会い、最新事情?

011712.jpg
インターネットではSNSで出会うのが一般的でごく自然です。そういう意味でも、出会い系サイトまでSNS化されています。会員登録すれば自動的に知り合いが増えていくことになり、自然な出会いを含めコミュニケーションを図る場として提供されています。これがネットの出会いを図るうえで最も必要なサイトとなります。

そして、かつてのSNSや出会い系サイトであっても会員数とコミュニケーションが減るにつれて、形骸化して淘汰されつつあるのが現状なので、結果的に本物の出会い系も含めたSNSが生き残ることになります。誰でも簡単に話しかけることができるサイトの会員数は増えていき、付加価値も含めて生き残るようになります。そこでの出会いが最も必要とされて、出会い事情に反映されます。

コミュニケーションが簡単なほど会員数が増えていくということになり、最大手のCAが猛威を振るっているようです。あいさつをすれば会話が始まり、その中でお互いの自己紹介も終わります。1時間にしてそれらが全て終わってしまうわけです。これほど簡単な出会いは他にありません。そしてその次のステップに進むことになります。携帯の番号から住所まですべて知ることになり、個人情報の保護も未成年の年齢制限も何も関係なくなります。

カップル成立まで1日もかかりません。出会い系サイトよりも早いかもしれません。相手の家が近いといつでも会える状態です。車さえあれば、遠くてもどこにでも会いに行くことが可能となるわけです。そして会った時には行き先が決まっているという便利なシステムです。Google Earth などという便利なツールもあります。「その近くのホームセンターで待ってるから。」というひとことで待ち合わせ場所も決まり!それからどこに行く?なんて野暮な話はしません。あらかじめ決まっています。これもホテル検索で簡単なものです。最近のファッションホテルは予約ができるところも増えてきました。行ってみたのはいいが満室ということもありません。そんな感じでインスタントカップルの出来上がりです。その後も続くかどうかはその後の問題。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>