011706.jpg

ネットで出会ったというと

011706.jpg
私は今まで、ネットで出会った人何人かとつきあったことがあります。今の彼女とも、ネットで出会いました。そしてその話を友人などに話すと決まって「出会い系?」と聞かれます。最近では前よりマシになりましたが、それでもまだ、ネットでの出会いイコール出会い系と思っている人は多いようです。出会い系ではないと言うと「じゃあどうやって知り合ったの?」と聞かれます。ここまでが大体ワンセットです。

私がネットで出会うのは、時には自分のホームページで、時にはブログ上で、時にはSNS上で、です。そして彼女としてつきあう人とは、別に出会いを求めている時ではなく、ただなんとなく寂しいからブログを更新したり、SNSのコミュニティに入ったりした時がほとんどだったりします。彼女欲しい!と意欲的になっている時は、決まって出会えません。

ただ、私にはどうやら、相手の警戒心を和らげる面があるらしく、会ったこともない女の子とふたりきりでデートする事は、それほど難しいものではありませんでした。やっていた事といえば、特に意識することなく、ただブログ上、SNS上で絡んでいるだけです。女の子だからといって褒めたりもしませんし、必要以上にも絡みません。どうやらそれが、功を奏しているようなのです。

たまにこのスキルを試すために、女の子に二人きりで会えるかどうか、個人的なメッセージで聞くことがありますが、都合さえ合えば、8割程度の確率でオッケーをもらえます。そのうち何人かに会いましたが、逆に私が心配になって、見ず知らずの男と二人きりでいきなり会って大丈夫なの?と聞くことが多いのです。そういう態度が、警戒心を持たずに会える理由なんだよと、女の子の一人から聞くことが出来ました。

今は彼女がいますので、不必要に女性に会いたいとは思いませんが、もし彼女と別れるような事があれば、またこのスキルを使って、会えるようになったらいいなと都合のいい事を思っていますが、年齢とともに、そのスキルも衰えているような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>