011709.jpg

出会い系に登録するよりも

011709.jpg
私はネットで出会いを求めて、大手の出会い系にお金を払って登録した事がありました。何ヶ月か継続してみましたが、結局メッセージ数通やりとりした程度で、出会う事は出来ませんでした。そしてネットで出会うのであれば、出会い系に登録するよりも、自分にとって得意な事があったではないかと、ふと思い出して、ブログをはじめたのです。

そのブログの内容は、今までの恋愛を長編小説に仕立てたものでした。今までの彼女ごとに、例えば「A子の章」という風にわけて、その章も何話かにわけて、毎日更新を目標に、ただひたすら書きなぐりました。一話一話を極力短くして、とにかく日数を稼ぐように書きなぐったのです。あまりドロドロとしたものではなく、あくまでも綺麗な恋愛であったという風に仕上げたのです。こんな面倒な事をしたのは、ただひとつ。女性をひきつけるためだけです。

男の恋愛なんて、男にはほとんど興味はないでしょう。しかし女性には興味のある話題だと知っていたのです。私の思惑通り、私のブログには、女性のコメントばかりが目立つようになってきました。そしてそのコメントには必ずすぐにレスをつけるようにしていたのです。そうする事で、常連さんも次第に定着しはじめました。個別にメッセージを送ってくる人もいました。しかし残念なことに、そのほとんどが主婦だったのです。

これは失敗かなと思っていたところ、若い女の子と仲良くなり、実際会ったりもしました。それを繰り返して、私は自分より18歳も年下の女の子と付き合うことが出来るようになったのです。出会い系より手間はかかりますが、楽しみながら出会える方法、それが私にとってはブログの更新なのです。今までもずっとこうしてきていた事を、彼女欲しさについ忘れてしまっていました。成功率はほぼ100%です。

そして彼女が出来てすぐに、そのブログは消しました。さすがに彼女にいつまでも過去の女性との恋愛を見せておくわけにはいかないのです。それが幸いしてか、今の彼女とは、3年くらい続いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>